« 瀬戸の明神社(2) | トップページ | 瀬戸の明神社(4) »

2013年5月18日 (土)

瀬戸の明神社(3)

B13051701

特別展を観た後、ウン十年ぶりに、現地探索を試みた。

金沢八景駅で降り、東側へ向かう。

以前、一帯は鬱蒼としており、古民家が建っていたと記憶する。

やはり、曰く因縁があって、瀬戸神社の神主屋敷跡だったそうだ。

発掘調査が行われ、中世のやぐら、庭園跡、掘立柱群、

古墳時代中期の祭祀跡が見つかっている。

しかし、現状は再開発中で、一面の更地になってしまった。

瀬戸神社の鎮座する小丘と社叢林だけが、ぽつんと残っている。

B13051702

社頭に至る。眼の前は国道16号線だ。

B13051703

鳥居を潜ると、例によって、楠の古木が出迎えてくれた。

(捨身 Canon S100)

|

« 瀬戸の明神社(2) | トップページ | 瀬戸の明神社(4) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸の明神社(2) | トップページ | 瀬戸の明神社(4) »