« 武蔵・府中の薫風(4) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(6) »

2013年5月 8日 (水)

武蔵・府中の薫風(5)

B13050701

旧甲州街道を渡り、路地裏の時宗寺へ足を踏み入れる。

以前に探索した、府中市内の時宗寺院は、

けやき並木のほうだった。此方は、一寸小さいのだけど、

開山の由来と立地が、より興味深い。

「古木山・諏訪院・長福寺」と云う。

当麻宿・無量光寺を開いた、二世他阿・信教が、

正応年間(1288~92)武蔵国、国府に設けた、

時衆の拠点=「府中道場」とされる。

B13050702

もとより、往時の遺構は何も残っていないが、

境内から、100点を越える板碑が出土しており、

同市内で、最も板碑が集中する地域であることも判っている。

B13050703

さて、この寺の門前で、面白い出会いがあった。

それについては、明日にでも…

(捨身 二代目CX5)

|

« 武蔵・府中の薫風(4) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(6) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武蔵・府中の薫風(4) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(6) »