« 武蔵・府中の薫風(7) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(9) »

2013年5月11日 (土)

武蔵・府中の薫風(8)

B13051001

再び、旧甲州街道を戻って、

祭りの喧騒に沸く、大國魂神社境内を覘いてみよう。

その前に、街道沿いで、

一寸目に留まった、古民家?たちを…

B13051002

古道沿いの特徴である、古木も多くの残っている。

やはり、この辺りでは欅か。

B13051003

何故か古道によくマッチしていた、聖公会の教会。

この頃の教会の中じゃ、かなり貴重な、末枯れ方であろう。

B13051004

こういう店棚に魅かれる。

箒や熊手に混じって、さり気なく、箕(み)なんて置いてある。

如何にも、古い宿に相応しいのだけれど、

果して、何時まで続いてくれることかと想う。

もう、大國魂神社社頭、すぐ近くのところだ。

(捨身 二代目CX5)

|

« 武蔵・府中の薫風(7) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(9) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武蔵・府中の薫風(7) | トップページ | 武蔵・府中の薫風(9) »