« 八王子城の六月(3) | トップページ | 三島社参(1) »

2013年6月10日 (月)

足利へ(1)

B13060901

大宮から宇都宮線、小山で両毛線と乗り継いで、足利で降りた。

もとより、この路線は初めてだ。

車窓一面、水が入った、北関東の田圃が続き、

所々に、黄金色の、麦秋の風景が飛び込んでくる。

つくづく、一年で最良の季節だと想ってしまう。

B13060902

駅を出て、徒歩十分とかからないところに目的地はあった。

B13060903

鎌倉期の、足利一族の館址と云われる、ばん阿(な)寺である。

(捨身 OLYMPUS XZ-10)

|

« 八王子城の六月(3) | トップページ | 三島社参(1) »

旅の空」カテゴリの記事

コメント

ぼん阿寺の門前町に染物の布生地を売っている店があって、特大の布を買って帰りました。古い写真館の建物もありました。

投稿: 振り子 | 2013年6月11日 (火) 07時43分

冠布用ですか?足利は織物の名産地でしたね。古い町並みも往時を偲ぶ風情がありました。でも、駅を降りたら、他の地方都市と同様、人気が無いシャッター街ですよ。ようやく、ばん阿寺や足利学校辺りで、観光客を見かけるぐらいです。毎度の事ですが、時間が無く、樺崎寺跡も行きたかったのですが、無理でした。

投稿: kansuke | 2013年6月11日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八王子城の六月(3) | トップページ | 三島社参(1) »