« 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… | トップページ | 母子二人 »

2013年6月28日 (金)

三島社参(7)

B13062701

B13062702

各地の寺社を探索すると、様々な守札などを見かけるが、

似通ったものが多くて、あまり面白くない。

三島社では、これであろうか。

三島暦の復刻版である。@\300也

季節柄、夏越祓いの「茅の輪守り」を添えてみた。

「茅の輪くぐり」は、今では、方々の神社で行われているけど、

もともとは、宮中の年中行事で、畿内が中心だったはずだ。

中世後期には廃れてしまい、近世の復興を経て、

近代に入って、上からのお仕着せで流布したようだ。

判で押した感じになって、こちらも、あまり面白くない。

B13062703

(捨身 OLYMPUS XZ-10)

|

« 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… | トップページ | 母子二人 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… | トップページ | 母子二人 »