« 三島社参(5) | トップページ | 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… »

2013年6月25日 (火)

三島社参(6)

B13062401

B13062402

B13062403

頼朝の東国武家政権が固まって以降、

代々の東国為政者が、三島、箱根、伊豆山(熱海)の三社を、

篤く、信仰する風が始まったとされる。

何れも、古代より、東国世界を揺るがしてきた、

富士箱根伊豆火山帯の中枢部に鎮座し、

火山、火山島、温泉を象徴してきた神々なのであった。

今回、三島を訪れてみて、

残る二社が、要探索候補になったのは、謂うまでもない。

(捨身 OLYMPUS XZ-10)

|

« 三島社参(5) | トップページ | 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三島社参(5) | トップページ | 心太(こころふと=ところてん)食ひたし… »