« 伊豆山にて(5) | トップページ | 伊豆山にて(7) »

2013年7月 8日 (月)

伊豆山にて(6)

B13070701

何人かの、女性の参拝者と往き合った。

頼朝と政子の逢瀬の場とも、伝えられるだけあって、

今でも、恃む人が少なくないようだ。

一遍聖絵の三島社頭の場面を想い出した。

其処でも、女性の姿が目立っていた。

何だかんだ云っても、

中世人と通低するもの、或いは、人としての心延え(こころばえ)を、

否定出来ないで居る。

それはそれで、いいのだ。

B13070702

(捨身 OLYMPUS XZ-10)

|

« 伊豆山にて(5) | トップページ | 伊豆山にて(7) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆山にて(5) | トップページ | 伊豆山にて(7) »