« 箱根権現(6) | トップページ | 箱根山中の異界へ(2) »

2013年7月21日 (日)

箱根権現(7)

B13072001

B13072002

B13072003

北条幻庵は、箱根権現別当を務めた後、北条氏五代にわたり、

一族の長老として、長く生きたとされる。

中世世界では、異例の九十八歳と云う。

近年は、さすがに「異様である」と、再検討されているようだが、

因みに、彼の父親、伊勢宗瑞(北条早雲 1432~1519)の、

八十八歳説も、否定する根拠は見つかっていないのだ。

幻庵が亡くなったのは、天正17年(1589)

秀吉の小田原攻め(天正18)の僅か八ヶ月前だった。

伊豆山同様、箱根権現も、焼討ちを受け、全山焼亡する。

(捨身 OLYMPUS  XZ-10)

|

« 箱根権現(6) | トップページ | 箱根山中の異界へ(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根権現(6) | トップページ | 箱根山中の異界へ(2) »