« 伊豆山にて(6) | トップページ | 箱根権現(1) »

2013年7月 9日 (火)

伊豆山にて(7)

B13070801

熱海の伊豆山は、非常に興味深い所だと判ったけれど、

如何せん、毎度のことながら、探索の時間が限られている。

今回も、面白そうなスポットをいくつも外してしまった。

現在の伊豆山神社境内を出た周辺にも、

中世の隆盛期の痕跡が、発見出来るはずだ。

上は、末枯れた風情が好ましい、宿防めいた社務所。

B13070802

下車した鳥居前のバス停は、参道の中腹だった。

B13070803

遥か下へ続く参道を、一寸覘いてみた。

石段は、山麓の国道135線から始まり、

途中、その下を東海道本線と新幹線のトンネルが通る。

「権現坂」と呼ぶ。

さすがに、降りてみる時間は無いな。

熱海一帯は、地震と火山活動で、

大規模な地滑りと、陥没を繰り返していたようだ。

多くの中世遺跡が埋もれ、海中遺跡の存在も囁かれている。

(捨身 OLYMPUS XZ-10) 

|

« 伊豆山にて(6) | トップページ | 箱根権現(1) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆山にて(6) | トップページ | 箱根権現(1) »