« G1Xを試しに、再び箱根山中へ(10) | トップページ | G1Xを試しに、再び箱根山中へ(12) »

2013年8月16日 (金)

G1Xを試しに、再び箱根山中へ(11)

B13081501

そうそう、カメラの話をせねばならない。

今回、Canon Power Shot G1Xを導入することに決めた、

端的な理由の一つに、拙ブログ開始時に愛用していた、

RICOHの、GX100及び、GX200のコンセプトと、

そっくりだったことがある。

もっとも、センサーサイズは、かなり大型化して

OLYMPUSの4/3と、EOS一眼レフのAPS-Cの中間という、

高性能ぶりではある。

操作感が、既に使っている、Canon Power Shot S100と、

殆ど変わらないのもいい。

確かに、ボディサイズは大きくなり、重量が増えたけれど、

一眼レフに比べれば、常時下げていても、苦にならないし、

何より、目立たないので、咄嗟のスナップに好適な儘である。

ただ、光学ズームファインダーは、一寸贅沢かもしれない。

液晶擬似ファインダーで、誤魔化すよりは遥かにましだが、

筆者の、現在の撮影スタイルでは、殆ど出番が無いのだ。

もし、省いたバージョンがあれば、

より小型軽量、安価になって、尚良かった。

B13081502

(捨身 上G1X 下XZ-10)

|

« G1Xを試しに、再び箱根山中へ(10) | トップページ | G1Xを試しに、再び箱根山中へ(12) »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« G1Xを試しに、再び箱根山中へ(10) | トップページ | G1Xを試しに、再び箱根山中へ(12) »