« 朝比奈峠越え(9) | トップページ | 朝比奈峠越え(11) »

2013年9月30日 (月)

朝比奈峠越え(10)

B13092901

さて、来し方を振り返りつつ、

朝比奈峠最高点を越えて、金沢・六浦側へ下ろう。

落石の危険もさることながら、この時季、

一寸気をつけたのは、スズメバチだ。

何回か遭遇し、回避行動をとらねばならなかった。

周囲を旋回するのを見たら、静かに後ずさりして、

その場から、退避するだけだが、大事である。

幼少期の、横浜金沢山中での経験が生きたわけだ。

一方、相変わらず、薮蚊の襲撃も盛んなので、

探索の友=防虫、虫さされ薬が必携なのは、謂うまでもない。

B13092902

最高点から、急坂を下った所に分岐があった。

此処で、一旦、鎌倉側より来れば、右手になる、

熊野神社への道を辿ってみることにした。

B13092903

道は、昼尚暗い、杉の植林帯の中を往く。

熊野社は、朝比奈峠を探索する上で、

キーワードとなる存在と、筆者はにらんでいる。

その辺りは、次回触れるとしよう。

(捨身 Canon G1X)

|

« 朝比奈峠越え(9) | トップページ | 朝比奈峠越え(11) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝比奈峠越え(9) | トップページ | 朝比奈峠越え(11) »