« 武州・御嶽山へ登る(9) | トップページ | 武州・御嶽山へ登る(11) »

2013年9月 5日 (木)

武州・御嶽山へ登る(10)

B13090302

上は、摂社・常盤竪磐社として使用されている、

山内唯一の、中世建築(永正三年=1511)旧本殿。

現在の本殿は、神仏分離以降の、明治10年造営、

神明造(伊勢神宮様式)だが、もとより、当地の歴史に沿わず、

正直、あまりいただけない建造物だ。

B13090401

週末にもかかわらず、境内は静かだった。

一時、グラフレックスDを駆使する年配撮影者と、

ペンデジ青年、ライカCLの筆者、三人だけになり、

シャッター音のみが響き渡る。

何とも、神寂びた風情であることよ…

B13090303

玉垣に囲まれた本殿前に、一風変わった狛犬が居た。

おいぬ(大犬、御犬)=狼である。

此の云われについても、触れねばなるまい。

(捨身 Canon G1X)

|

« 武州・御嶽山へ登る(9) | トップページ | 武州・御嶽山へ登る(11) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武州・御嶽山へ登る(9) | トップページ | 武州・御嶽山へ登る(11) »