« 舟木本・洛中洛外図を観る | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(2) »

2013年10月11日 (金)

朝比奈峠越え つけたりとして(1)

B13101001

朝比奈峠、鎌倉側の六浦道に沿い、今度は光触寺から、

鎌倉府内へ向かって、一寸探索してみた。

スタートしたのは、青砥橋を過ぎた辺りだ。

B13101002

此処には、中世後期の鎌倉を語る上で、

欠かせないスポットがあった。

B13101003

「足利公方邸旧跡」である。

今は、観ての通り、何の変哲も無い、住宅地の一角になっている。

B13101004

まず、谷戸を目指して、歩を進めよう。

かつて、関東公方・足利家の邸宅と、彼らの菩提寺が建ち並び、

南北朝から、室町中期にかけて、鎌倉の中心地だったところだ。

(捨身 Canon G1X)

|

« 舟木本・洛中洛外図を観る | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舟木本・洛中洛外図を観る | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(2) »