« 富士参詣曼荼羅図を観る(2) | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(7) »

2013年10月27日 (日)

朝比奈峠越え つけたりとして(6)

B13102601

浄妙寺から、西方へ一寸歩を進めると、杉本寺(天台宗)がある。

中世には、大蔵観音堂と呼ばれ、

鎌倉最古の寺(天平六年=734 行基創建)とも云う。

熊野権現の神託で、安置されたと伝わる、

平安後期の十一面観音が本尊だ。

当寺をもって、今回の探索の上がりとしよう。

B13102602

小さな寺だけれど、鎌倉の寺では、風情を残しているほうだろう。

B13102603

坂東三十三観音霊場の第一番札所でもある。

ちなみに、弘明寺は第十四番、本尊も同じく、十一面観音だ。

(捨身 Canon G1X)

|

« 富士参詣曼荼羅図を観る(2) | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(7) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士参詣曼荼羅図を観る(2) | トップページ | 朝比奈峠越え つけたりとして(7) »