« 奈良坂にて(5) | トップページ | 奈良坂にて(7) »

2013年11月19日 (火)

奈良坂にて(6)

B13111801

さてと、一寸、奈良豆比古神社の境内を探索してみよう。

鳥居と参道の前は「大仏道」だ(近世は京街道と呼ばれた)

その間に、狭い空間があって、幾つかの摂社と樹木が茂る。

B13111802

小さいながら、二つの「神池」、水神の小社も祀られていた。

水源は判らないが、往古から泉があったのだろう。

この空間、ひょっとしたら、中世の「乞場」の名残りかもしれないな。

B13111803

社殿は回廊と瑞垣に囲まれているが、その裏側にも、

境内地が続いており、鬱蒼としていて、何かありそうだ。

いざ、歩を進めよう。

(捨身 Canon G1X)

|

« 奈良坂にて(5) | トップページ | 奈良坂にて(7) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良坂にて(5) | トップページ | 奈良坂にて(7) »