« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月31日 (火)

真土山まで(2)

B13123001

中世世界の浅草は、武蔵国下では、

屈指の都市的な場であったことは間違いない。

古代開創の浅草寺と、江戸湾から隅田川を遡った、この辺りの、

河岸に拓かれた、石浜の津と呼ばれる湊が在ったからである。

六浦津、神奈川津、品川津と、江戸湾の重要な航路の、

ネットワークも形成していたであろう。

だが、往時を偲ばせる遺物は殆ど残っておらず、

僅かに、浅草寺境内の「西仏の板碑」ぐらいなものだ。

B13123003

真土山(まつちやま=待乳山)は、かつて低湿地が広がっていた、

浅草一帯の、現存唯一とも云える小丘で、現状は海抜僅か9m、

コンクリートで固められた構造物に過ぎない。

恐らく、古代・中世に於いては、もっと高かったはずだ。

石浜の津を目指す、廻船にとって、重要な航海上の目印、

「船当て山」であったことは、疑いようがない。

湊の後背に位置することが多い「船当て山」は、

六浦津の上行寺裏山(上行寺東遺跡)、神奈川津の権現山、

品川津の御殿山と、枚挙の暇なく、

しかも全て、聖地、霊地であり、葬送地だった。

B13123004

真土山で最初に祀られたのが、十一面観音と伝わるのも、

非常に興味深い。

十一面観音は、水難を避け、航海の安全と守るとされ、

これは、厳島神社とも共通する。

やがて、観音は、人々(都市民)の現世利益を約する、

「歓喜天」(聖天)に化現し、江戸期の盛行を経て、

今に至るが、こういった都市的な場の信仰形態としては、

真に相応しい、在り様と謂えるわけだ。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (2)

2013年12月30日 (月)

真土山まで(1)

B13122901

撮影とリハビリを兼ねて、師走の浅草を一寸歩いてみた。

携えたG1Xは500g強、骨折した右手首のドクターストップが、

1.5kgまでだから、問題はないのだが、

何せ、ほぼ一ヶ月ぶりなので、

カメラ操作がワンクッション遅れるのは、致し方なし。

とりあえず、今回は、モノクロモードに設定しよう。

B13122902

向かったのは、浅草寺裏手、

「待乳山・聖天」(真土山)本龍院である。

B13122903

浅草駅から、徒歩七、八分程度だろうか。

山門と木立が観えてきた。

実は、此処の探索、四年前からの懸案だったのだ。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

元興寺・奈良町界隈へ(9)

B13122601

奈良町から、近鉄奈良駅に至るには、細長いアーケードを辿る。

地元らしい、生活感と懐かしさが溢れる、商店街だ。

ふらっと歩いていても、結構愉しめる。

竹細工や茶道具を扱っていた荒物屋さんでは、

女将さんとの、一寸した会話が面白く、暫し時を忘れた。

B13122602

京都での、新幹線の時間が押してきたので、

ちょうど入線してきた、京都行きの近鉄特急に乗り込む。

B13122603

夕闇迫る、平城京跡を車窓から。

今回は、午前十時頃、奈良に着き、夕方五時過ぎまで、

凡そ七時間余り、彼方此方を探索出来た。

スケジュールとしては、上出来のほうだった。

もとより、現場では、想わぬ見落としもある。

それは、次回に生かすとして、さて、今度は何処へ往くべきか。

右手首の傷は、そろそろ見通しが立ってきたけれど、

些か、悩むところ哉…

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月26日 (木)

元興寺・奈良町界隈へ(8)

B13122301

元興寺・極楽坊裏を、東西に突っ切る小路は、

中世末期には「弥勒辻子」と呼ばれ、今は「芝突抜」と云う。

奈良町では、一番魅かれる界隈かもしれない。

「突き抜け」たところの、鉤の手の辻に、地蔵が祀られ、

その辻を、一寸南へ下がると、

誘うが如く、元興寺小塔院跡へ続く小径があった(上)

入ってみたかったけれど、時間が迫っていたので、諦める。

B13122302

この辺りの町屋には、写欲そそる設え(中)が多い。

B13122303

町名表示では、西新屋町だ。

角手前の率川神社・長屋門(下)まで来て、踵を返し、

近鉄・奈良駅まで、戻ることにした。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

日々の写真 12/24

B13120801

十一月上旬 奈良豆比古神社にて

太平洋岸沿いの、彼方此方の霊地、聖地で、

観上げることが多い、楠だけれど、注意しないと、

新しい時代に植えられたものが、混ざっていることがある。

まず、明治期に、殖産興業の一環で、

樟脳を採るために、大量に植林された。

樹齢100年くらいで揃っている森は、その可能性がある。

最近では、街路樹として、植えられることが流行った。

それで、楠に寄る「アオスジアゲハ」が大量発生すると云う、

事態も現出したわけだ。

もとより楠は、古代中世では、専ら船材に用いられていた。

葉は芳香を放ち、南面して、樹勢旺盛、

王権を象徴する、目出度き「常盤木」でもある。

霊木として、珍重されたのは謂うまでも無いだろう。

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

湯治を見直した

B13122304

今月の初めに、やらかした右手首の骨折だけど、

手術後二週間を過ぎて、未だ、時折の疼痛、若干の浮腫、

関節不自由、皮膚のつっぱり感が続いている。

端的に謂って、手術痕とは、

所謂「金瘡」(きんそう)刀槍、弓鉄砲による傷と同じようなものだ。

だとすれば、戦国期の武将たちが、合戦の合間に通っていた、

湯治を見直しても、いいのではないか。

差し当っては、武田信玄の「隠し湯」をはじめ、

(彼は、少なくとも二度負傷している)

小田原北条氏が「止め湯」とした、

(手柄を立てた家臣への褒美以外は、一族、VIP専用)

箱根山の芦の湯などが、想い起こされる。

中世世界では、風呂(スチームバス)と湯屋(湯船に浸かる)

があったが、傷や病の治療は、湯屋(温室)が使われたようだ。

西大寺の叡尊、忍性らが、奈良坂の般若寺でライ者・非人の、

治療に用いたように、治療効果が認められていたのだ。

湯治と、ちゃんとした食事のお陰で、完治する者も出たらしい。

(ハンセン病ではなくて、重度の皮膚病だった可能性があるが)

非人の境涯を脱することも、あり得た。

まぁ、とにかく、戦国の武将たちに、珍重された治療法である。

この効果は、熊野・湯の峰で、生き返った「小栗判官」の如く、

有り難い仏神の効験にも、喩えられたのだった。

湯治する天狗たちを示す(上)

…唐土から、悪さをするために来朝した、天狗の是害房は、

 叡山の高僧に、散々に懲らしめられ、瀕死の重傷を負うが、

 友好的な日本の天狗たちに助けられる。

 加茂の河原で湯治を受け、回復、帰国することに。

 彼らは別れの宴を開いて、名残りを惜しむ…

(是害房=ぜがいぼう絵巻 重文 14C南北朝期)

ついでながら、中世世界の天狗は、嘴を持つ鳶の姿が基本だ。

さて、湯治にでも往くとするか…

(捨身 Canon S110)

今秋の奈良探索、そろそろ締めに入ります。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

元興寺・奈良町界隈へ(7)

B13122201

今の奈良町は、一寸した観光スポットになって居るから、

お洒落なカフェや、雑貨店などが目立つ。

もとより、町興しも、活発なようだ。

B13122202

老朽化したり、空き家になった町屋を、再生する動きも顕著だ。

どんな古民家であれ、新築の時があったはずで、

真新しく塗り直した、白壁や格子戸は、

清々しさがあるのだけれど、古い町の中では、

綺麗過ぎて、生活感が希薄になり、戸惑うことがあった。

都心で流行の、古民家風、和食ダイニングのようで、興ざめである。

所謂「古色仕上げ」を、上手い具合に入れたらいいと想うのだが、

難しいのだろうか。

B13122203

都市的な場と云うのは、いずれは衰退し、滅びて往くものだ。

その過程の中で、末枯れていく風情が、人を魅きつけるわけだ。

こういった場を、一気に「新品」に戻してしまうではなくて、

ゆっくりと衰えていく様を、旨く「演出」して観せる、

そんな「高等戦術」が必要になってくるだろう。

(捨身 Canon G1X1)  

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

元興寺・奈良町界隈へ(6)

B13122101

「辻子」(厨子、通子、図子=ずし)と云うのは、一寸説明が難しい。

古代の条坊制の上に発達した、中世以降の都市的な場に於いて、

区画の中を貫くように、拓かれた小路、細道を指す、とでも謂おうか。

その区画を、向こう側まで貫いていれば、「突抜」(つきぬけ)とか、

呼んだりする。今で云うところの、路地裏、横丁のようなものと、

捉えたら、いいかもしれない。

もとより、京都、奈良、鎌倉、博多などの、大きな都市に多い。

奈良町の典型的な、横に貫く小路を示す(上)

観てのとおり、大人三人ほどの道幅で、軽自動車がやっとだ。

B13122102

「辻子」に沿って、建ち並んだのは、町屋、店棚は勿論だが、

特に盛んだったのは、遊女屋である。

現存の「辻子」を描いた絵画史料でも、その賑わいが窺える。

やはり、上杉本・洛中洛外図屏風が出色だろう(下)

京、「畠山辻子」の様子。遊女たちが小路を往く人々の、

袖を引っ張って、客引きをしている。何と、黒衣の坊さんは、

戸口に佇む遊女に、殊の外、ご執心のようだ。

扇や笠、覆面で顔を隠し、遊女屋を訪れる客たち。

身分を窶し、日常を脱して「無縁」の姿になるわけだ。

こういった「伝統」、ひょっとしたら、未だ、

いろいろな場面で、生きているんじゃないだろうか。

B13122103

(捨身 Canon G1X/S110)

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

元興寺・奈良町界隈へ(5)

B13122001

恐らく、中世末期に、その起源を求めることが出来る、

奈良町の集落だけれど、現状は、古くは18世紀頃より、

近くは、明治大正期ぐらいまでの、町屋が中心のようだ。

近頃は、いろいろなメディアで紹介されるので、

一寸した、観光スポットになってしまった。

まぁ、一見、鎌倉の路地裏通りの賑わいと、あまり変わらない。

探索も、それなりの注意を払う必要があるだろう。

新しいものの間に、本当に古いものが、

ちょんと、まったく目立たない風情で、佇んでいる可能性が、

あるから、見落としも、あり得るわけだ。

B13122002

この町は、今も、生活の場である。

訪れるなら、そういった空気が漂い始める、

日が傾く時間帯が、いいかもしれない。

出来れば、灯がともる頃合まで居たかった。

B13122003

奥行きのある町屋造りは、よく観かけたが、

何時観ても、好ましいものだ。

今回は、南北に走る、古代の、条坊の名残りから、

中世に、東西に発展したとされる、

「辻子」(厨子=ずし)あるいは「突抜」(つきねけ)と呼ばれる、

入り組んだ小さな路地に、注目して往こうと想う。

(捨身 Canon G1X) 

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

元興寺・奈良町界隈へ(4)

B13121901

元興寺・極楽坊で、印象的だったのは、

本堂(曼荼羅堂)濡縁裏にある、「閼伽棚」(あかだな)が、

現役で、使われていたことだ。

朝夕、仏前に供える、水や花を用意して置く棚のことで、

中世文学などでは、よく登場する設備だが、

元興寺のそれは、鎌倉期に造られた国宝なのだ。

B13121902

風化と、補修の痕が目立つ柱。

中世以前の木材は、製材に手斧(ちょうな)や槍鉋(やりがんな)を、

用いるので、平滑ではなく、独特な痕跡が残る。

筆者が限りなく魅かれる、「中世世界の証し」である。

(手に直に、その感触を味わえるのがたまらぬ!)

もとより、木造建築の大敵は、火災だけれど、

この柱が、幾多の火災の危機を、乗り越えてきたと想えば、

愛おしさも、増すものだ。

B13121903

さて、日が大分傾いてきた。

元興寺を出て、奈良町を一寸歩いてみようか。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

元興寺・奈良町界隈へ(3)

B13121801

「南都七大寺」と云うのは、奈良、古代以来の官寺群、

興福寺、東大寺、西大寺、薬師寺、元興寺、大安寺、

法隆寺(唐招提寺)のことである。

中世以降、これらの寺々への巡礼が流行し、

上下貴賎の人々が、京から大仏道を辿って、訪れていた。

中でも、極楽浄土を希求する人々に、元興寺・極楽坊は、

人気があり、結縁を望む者が絶えなかったようだ。

B13121802

戦後、本堂、禅室の大修理が行われた際に、

天井裏などから、こういった人々の結縁を示す、数万点に及ぶ、

印仏、こけら経、祭文、塔婆、小塔が見つかった。

境内に在る、元興寺文化財研究所にて、観ることが出来る。

B13121803

禅室前の庭に、中近世の五輪塔、板碑類も並べられている。

石塔内の小穴に、火葬骨が納められていたケースが多い。

普段、よく観ている、南関東のものとの、一寸した違い、

(石材とか形状)が、興味深かった。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

元興寺・奈良町界隈へ(2)

B13121304

現存の元興寺は、中世(平安末期)に、大部分の伽藍が、

荒廃していった中で、僧坊の一部が発展したものだ。

鎌倉中期に改修が施され、本堂と、禅室の二棟に分けられた。

鎌倉期の様式だが、部分的に、天平期の部材や瓦が残り、

両方とも、国宝指定になっている。

上は本堂。極楽浄土を表したと云う「智光曼荼羅」

(原本は室町期に焼失)を本尊としたので、

極楽坊、あるいは、曼荼羅堂とも呼ばれた。

その後、中世を通じて、極楽坊は浄土信仰の聖地となっていく。

B13121303

本堂の後ろに続く禅室。四つの区画に別れ、其々4~5人の僧が、

起居していたようだ。

本堂は拝観出来るが、此方は特別拝観日を除いて、

内部は公開していない。

B13121501

禅室を廻る濡縁。各区画には扉が付いている。

室町期に至って、宝徳三年(1451)の土一揆で、元興寺は、

更に被害を受け、極楽坊と、

観音院(五重塔が残ったが、安政六年=1859に焼失)

小塔院の、三寺に分裂、前後して、極楽坊は、

奈良坂の般若寺と同じ、西大寺系の真言律宗に転じたらしい。

ついでながら、今、想い出したけど、

武州・金沢の称名寺(金沢文庫)も、真言律宗だった。

筆者が魅かれる寺院には、

何故か、時宗系と、律宗系が多いみたいだ。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

元興寺・奈良町界隈へ(1)

B13121306

B13121301

春日の杜から、一の鳥居を抜けて、興福寺を右に観ながら戻る。

この通りは、奈良のメインストリートだけれど、

かつての三条大路でもある。

猿沢池のところで左折し、池畔の茶店にて、遅い昼食をとる。

晩秋の短い日差しが、急に翳ってきた。

そのまま、猿沢池裏を南下すれば、狭い路地が入り組む、

所謂、奈良町へ入って往く。

猿沢池から、この辺りを南北に貫く、古道が現存しており、

古代・中・近世を通じて、三輪方面へ向かう、幹線道路だった。

この道に沿って、中世後期より、宿が形成され、

町屋が建ち並ぶようになったのが、奈良町の始まりである。

B13121302

暫く、細い路地を進むと、右手に元興寺の東門が観えてくる。

室町中期(応永年間)に、東大寺から移築された、

中世の立派な、四脚門(重文指定)だ。

元興寺は、蘇我馬子が飛鳥に建てた法興寺(飛鳥寺)の後身で、

平城遷都の際に、当地へ移ってきた。

爾来、広大な伽藍を誇っていたが、平安遷都を境に衰微、

中世には、荒廃していたらしい。

その旧寺域が、ほぼ、現在の奈良町に重なっているわけだ。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

日々の写真 12/13

B13121305

十一月上旬 奈良豆比古神社にて

奈良坂より、元興寺・奈良町界隈探索へ移ります。

唯今、鋭意投稿準備中です。

…如何にも尤もらしく、「右とう骨遠位端骨折」と云っても、

 とう骨の、とうの字が難しいし、変換も出来ない。

 読めない看護師がいたけど、まぁ、仕方ないな。

 無難に、右手首骨折と呼べばいいわけだ。

 手術痕の夜間疼痛、坐薬無しでも、耐えられるようになった。

 未だ浮腫は引かぬが、来週の抜糸まで何とか…

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

| | コメント (2)

2013年12月13日 (金)

奈良坂にて(18)

B13121203

奈良市中へ戻る路線バスは、東大寺、最北の門、

転害門(てがいもん)前を通る。奈良坂を越えた大仏道の終着点だ。

因って、この辺りを手貝町(てがいちょう)と呼ぶ。

重衡の南都焼討ち(1180)三好・松永の大仏殿の戦い(1567)でも、

唯一焼け残った天平建築は国宝指定、そうか、修学旅行で、

観損なっていたのを想い出した。途中下車したかったけど、

もとより、タイトなスケジュールなので、諦める。

B13121201

奈良博前でバスを降り、春日の杜へ。

去年の夏、探索した春日大社は、パスさせて頂き、

宝物殿で、開催中の、

「特別公開 春日大社の誇る名品を一堂に 刀剣と甲冑」(~2/26)

を観るためである。ちょうど大修理を終えた、中世甲冑の名品、

「赤糸威鎧」(竹虎雀金物 鎌倉期)と、

「黒革威胴丸」(伝楠正成所用 南北朝期)=ともに国宝指定

をじっくり、鑑賞してきた。

奈良博も観たかったけど、行列で無理そうだ。

とりあえず、猿沢池畔にて、おろし蕎麦の遅い昼食をとる。

さて、奈良坂を終え、次の探索地へ向かおう。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

奈良坂にて(17)

B13120301

B13120303

徐々にだけれど、書きかけの、奈良坂のほうへ復帰しよう。

奈良市中へ戻る間に、一寸触れたいことがある。

奈良坂の宿に集住する、ライ者・乞食・非人への、

救済活動の拠点になっていた、般若寺の本尊のことだ。

鎌倉中期に般若寺を復興した、西大寺の叡尊、忍性らは、

丈六の文殊菩薩像を本尊として安置した。

何故、文殊菩薩だったのだろうか。

前にも触れたように、中世世界では、ライ者(ハンセン病)を、

仏の化現と観る、考え方があった。

その仏が、一般的には、知恵を掌るとされる、

文殊菩薩だと云うのである。

所謂「文殊経」は、別して曰く…

文殊菩薩は、救民福祉の業を為す者の前に、

貧窮孤独の病者非人の姿となって現われ、

真に、慈悲の心を持つ者なのかを試す。

もし、その通りであれば、文殊菩薩の御姿を、

拝することが出来る…

宗教者にとって、救民福祉の業とは、

一種の修行であったとも謂える。

これは、本質に於いて、現代でも通じることだと想う。

参考のために、今秋、東博で出展中の、

同時代、奈良で彫られた、文殊菩薩立像を示す。

(捨身 G1X/S110)

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

日々の写真 12/8

B13120802

予定より、二日遅れて本日退院した。

いろいろあったけれど、今回の顛末は近々語らねばならぬとして、

まぁ、端的に云って、全身麻酔手術の一時間半とは、

「冥界」へ往っていた時間であるのだなと、解悟して居るところだ。

何はともあれ、入院中に、Amazonより届いていた書籍と、

空也上人のフィギュアの封を開ける。

象徴的な「鹿角の杖」と「鉦鼓」を持ち、

唱えた六字名号「南無阿弥陀仏」一字一字が、

阿弥陀仏に変じたと伝える、「市の聖」(ひじり)の姿、

六波羅蜜寺の空也上人立像(重文・鎌倉期)をモデル化したものだ。

とりあえずは、還ってきたということで…

(捨身 S110)

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

日々の写真 12/5

B13120501

十一月上旬 奈良豆比古神社にて

*この投稿は、筆者入院中のため、予定稿です。

 尚、あくまでも「予定」ですが、本日退院出来れば、

 更新するかもです。

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

日々の写真 12/4

B13120401

十一月上旬 奈良豆比古神社にて

*この投稿は、筆者入院中のため、予定稿です。

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

奈良坂にて(16)

B13120101

既述のように、奈良坂には、中世世界を通じて、

ライ者(ハンセン病)乞食非人が、集住する集落が在り、

「北山宿」と呼ばれていた。その位置は、般若寺の北東、

奈良豆比古神社までの間とみられている。

鎌倉後期より、西大寺の叡尊、忍性ら、真言律宗の人々が、

般若寺を拠点に、救済活動に従事するようになる。

B13120102

温室=湯屋(浴室)などが建てられたが、その中に、

「北山十八間戸」のもとになった施設があったらしい。

現存の建物は、永禄十年(1567)の東大寺大仏殿の戦いで、

焼失した後、般若坂下に移転し(江戸初期建立とも)

以前の様式に倣って、建てられたものだ。

東西長さ37.2m、十八の部屋に別れ、ライ者を収容し、

それぞれ正面に入り口を持つ、長屋形式である。

現状は公開しておらず、中に入ることは出来ない。

フェンスの外側から、窺い観るのみだ。

B13120103

各部屋の戸口に、刻まれた「北山十八間戸」の文字。

さて、昼近くになったので、次の探索地へ向かおう。

般若坂下を過ぎると、佐保川橋だ。境界地の典型だが、

中世の旅人は、この橋を渡る時にも、橋賃を取られた。

洪水でよく流され、架け替えがある為で、その資金の勧進と云う。

最寄バス停「今在家」(意味深な名前だが、詮索の時間無し)にて、

再び路線バスに乗り、奈良市中へ戻る。

*入院中の予定稿を用意しました。零時にアップされます。

  ご覧下されば、幸いです。

B13120104

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

日々の写真 12/2

B13120201

十一月上旬 奈良豆比古神社にて

*続報

 本日、諸検査の結果、手術日が木曜日午後に決まりました。

 病院の規定に拠り、前日入院、翌日の金曜日に退院(予定)   

 となりましたので、その間、拙ブログの更新を休みます。

 ご容赦のほどを…

 尚、出来れば、入院前日まで、投稿したいと想っております。

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

| | コメント (2)

2013年12月 2日 (月)

日々の写真 12/1

B13120105

十月下旬 富士山本宮浅間社にて

*謹告

 本日、外出先にて、暗闇で不注意にも転倒し、

 右手首を骨折しました。因って、加療のため、

 暫時、投稿が滞るかもしれません。

 幸い、入院等は無さそうですが、日帰り手術の要あり、

 とのことで、手術が終了すれば、再開の予定です。

 何卒、ご容赦のほどを…

(捨身 ライカCL Mロッコール40㎜F2 PRO400) 

| | コメント (2)

2013年12月 1日 (日)

奈良坂にて(15)

B13113001

最後の急坂、般若坂の途中に大きな地蔵がある。

西面し、夕日を浴びることから、「夕日地蔵」と云う。

室町後期、永正六年(1509)の銘を持つ。

その頃の奈良坂は、再び戦火に見舞われていたようだ。

正長の土一揆(1428)に始まり、

永禄十年(1567)松永久秀らによる、「東大寺大仏殿の戦い」では、

奈良坂一帯は、焦土と化してしまう。

B13113002

この坂には「シュ師の庭」と呼ばれる、猿楽師や、

呪師(のろんじ)=下級の陰陽師たちが集まり、道往く人に、

芸能を披露して、日々の糧を得る場(庭)があったらしい。

彼らは、興福寺・春日大社に属する芸能者集団であろう。

さらに坂を下ると、皮革製品を扱う人々が露店を出していた。

其処で売られる、貫、田沓(つらぬき、たぐつ=皮製の半長靴)

雪駄(裏が革張り)金剛草履(大型で、丈夫に編んだ草履)は、

高級品で有名だった。

B13113003

現在の坂下、左側に長屋様の建造物が観える。

「北山十八間戸」(きたやまじゅうはちけんど)である。

これについては、明日、稿を改めて触れよう。

(捨身 Canon G1X) 

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »