« 真土山まで(7) | トップページ | 河越で中世を探す(2) »

2014年1月15日 (水)

河越で中世を探す(1)

B14011401

B14011402

B14011403

B14011404

典型的な近世城下町、川越にやって来た。

今回は、この町のさらに古層、中世世界の、

都市的な場の痕跡を探して歩こうと、想い立ったのだ。

以下、表記も、戦国期以前の「河越」でいく。

出発点は、喜多院に決めた。

この寺は、西方を拝せるように、山門は東へ開いている。

本尊が阿弥陀如来だからだろう。

反対側の西から、境内に入って往くと、

いきなり、大きな空堀が現われた。

(捨身 Canon S110)

|

« 真土山まで(7) | トップページ | 河越で中世を探す(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真土山まで(7) | トップページ | 河越で中世を探す(2) »