« 極楽寺坂から長谷観音へ(1) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(3) »

2014年3月23日 (日)

極楽寺坂から長谷観音へ(2)

B14032201

極楽寺坂の江ノ電駅側(極楽寺駅)崖下、アパート裏に、

中世石塔群が潜んでいることを知らなかった。

今回、初めて、探索してみる。

上杉憲方墓と伝える、少なくとも、南北朝期は下らない、

五輪塔群と、五重と七重の層塔である。

B14032202

特に、所謂、四仏(東=薬師 西=阿弥陀 南=釈迦 北=弥勒)

が刻まれた、七重層塔がいい。

箱根石仏や、奈良坂・般若寺の層塔を想起させる佇まいだ。

B14032203

律宗の叡尊や忍性らに率いられた石工集団(伊派と大蔵派)との、

関わりが十分に考えられる。

何しろ、当地に在った極楽寺も、忍性開山になるからだ。

(捨身 Canon G1X)

|

« 極楽寺坂から長谷観音へ(1) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(3) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 極楽寺坂から長谷観音へ(1) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(3) »