« 極楽寺坂から長谷観音へ(13) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(15) »

2014年4月13日 (日)

極楽寺坂から長谷観音へ(14)

B14041201

極楽寺の在る「地獄谷」より、一つ東側の谷戸へ、

足を踏み入れてみた。静かな住宅地である。

B14041202

江戸期に作成された「極楽寺絵図」が伝わっている。

中世、最盛時の、極楽寺の広大な伽藍を示したものだが、

最近の発掘調査と一致する部分が多いので、信憑性は高い。

その中で、「新宮」(=熊野社)と記された堂舎が観えるのが、

この谷戸なのだ。

確かに「新宮」は現存していた。

やがて、谷戸奥に達する。

B14041203

「新宮」は、忍性が極楽寺を開山した際に、

鎮守社として、勧請されたようだ。

真言律宗寺院の鎮守が、熊野社である例は、

金沢文庫の称名寺があるが、その意味については、

別に考察の必要があるだろう。

(捨身 Canon  G1X)

*PC不調に因り、ツイッターへ接続不能になって居ります。

 悪しからず、御諒承下さい。

|

« 極楽寺坂から長谷観音へ(13) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(15) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 極楽寺坂から長谷観音へ(13) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(15) »