« 極楽寺坂から長谷観音へ(8) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(10) »

2014年4月 8日 (火)

極楽寺坂から長谷観音へ(9)

B14040701

大仏前の車道(大仏坂)を隔てた、直ぐ西側の谷戸は、

今は、静かな住宅地を呈しているのだが、

中世では、坂上の極楽寺の、広大な寺域の内だった。

B14040702

「桑ヶ谷(くわがやつ)療養所跡」と云う石碑が建っている。

西大寺・律宗の宗祖、叡尊の後続者にして、極楽寺の開山、

忍性は、此処を拠点に、非人・乞食・ライ者・病者の、

救済活動を行っていた。繰り返しになるが、

これは、奈良坂の般若寺と同様である。

弘安七年(1284)忍性は「大仏別当」に任じられた。

鎌倉大仏が、極楽寺の管理下にあったことは明らかだろう。

再び、極楽寺へ戻って、探索を続ける。

(捨身 Canon G1X)

|

« 極楽寺坂から長谷観音へ(8) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(10) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 極楽寺坂から長谷観音へ(8) | トップページ | 極楽寺坂から長谷観音へ(10) »