« 富士吉田口へ(28) | トップページ | 元八王子の宿跡を彷徨う(2) »

2014年6月24日 (火)

元八王子の宿跡を彷徨う(1)

B14062301

六月二十三日(天正十八年=1590)は、八王子城落城の日。

今年も、由緒の地を歩いてみようと想った。

元八王子地区の、陣場街道(案下道)に沿った、

中世の宿と市跡である。

当地に越してきた年の同じ日に、一度探索したのだが、

今にしてみれば、不十分なところも多々あったわけで、

どうしても、再びということになったのだ。

この辺りは、高尾山と八王子城(城山)から流れ出る、

いくつかの川に挟まれた、扇状地を形成している。

その一つ「城山川」は、八王子城内の「御主殿の滝」が源流で、

落城の日、朱に染まったと云われる川だ。

B14062302

盆地状の河川流域だから、平坦地が広がっている。

場所によっては、水害に悩まされた集落もあったはずだ。

梅雨空の下、路線バスを降り、探索を開始した。

(捨身 Canon G1X)

|

« 富士吉田口へ(28) | トップページ | 元八王子の宿跡を彷徨う(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士吉田口へ(28) | トップページ | 元八王子の宿跡を彷徨う(2) »