« 元八王子の宿跡を彷徨う(13) | トップページ | 雨降山考(2) »

2014年7月12日 (土)

雨降山考(1)

B14071101

寓居の在る多摩丘陵の、南西方向に、

ちょうど富士を遮るように起ち塞がるのが、大山(おおやま)である。

ピラミダルな姿で、よく目立つので、予々気になっていた。

一寸、往ってみようと想い立つ。

B14071102

麓近くの伊勢原から望むと、よりピラミダルな山容になる。

「雨降山」(あふりやま)とも呼ばれ、

この山の上に雲が湧くと、必ず雨が降ると云う。

そうい云えば、何だか怪しげな雲が見えなくもないか…

B14071103

伊勢原より路線バスに乗り、終点の大山ケーブル駅で降りた。

B14071104

既に、深山幽谷の気配が漂う。

さて、登り始めよう。

(捨身 Canon S110)

|

« 元八王子の宿跡を彷徨う(13) | トップページ | 雨降山考(2) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元八王子の宿跡を彷徨う(13) | トップページ | 雨降山考(2) »