« 雨降山考(4) | トップページ | 雨降山考(6) »

2014年7月16日 (水)

雨降山考(5)

B14071501

ケーブル大山寺駅の保線橋上からの眺め。

急斜面なので、高度感十分だ。

橋を降りた向こう側、ホーム裏手に参道入り口がある。

B14071502

林間を往く道だ。

B14071503

五、六分歩くと、古い石塔群と石垣が現れた。

B14071504

この石段を登れば、大山寺本堂、不動堂である。

もう、お判りだろうが、大山は本来、修験道場であり、

山全体が典型的な神仏習合の理に法って、設定されているのだ。

(捨身 Canon S110)

|

« 雨降山考(4) | トップページ | 雨降山考(6) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨降山考(4) | トップページ | 雨降山考(6) »