« 江の島に至る(23) | トップページ | 江の島に至る(25) »

2014年9月 8日 (月)

江の島に至る(24)

B14090701

漁村のメインストリートたる、路地である。

この先は、埋立地で、すぐ行き止まりになる。

左が海側で、ワンブロック後ろが、かつての海岸線のようだ。

その先は、ヨットハーバーの敷地だ。

立ち並ぶ家々は、民宿だったり、活魚卸店だったりで、

漁村の名残りが感じられる。

B14090702

現在、江の島には、二つの仏教寺院がある。

もとより、両方とも、極めて新しい(戦後)ものだ。

その一つが漁村内にあり、「来迎寺」と謂う。

案内板に、昭和三十年代初頭に起きた、土砂災害の、

犠牲者慰霊のために、建立されたと記され、

岸壁を穿った内部は、納骨所らしい。

B14090703

小さな苑池と、真新しい石仏が並ぶ。

おそらく無住で、管理は近所の人々がやっているのだろう。

B14090704

脇に、古い(近世)の石造物も並んでいた。

放置されていたり、土中から出てきたのを、集め祀ったのか。

島内を本格的に調査すれば、もっと見つかるかもしれないな。

(捨身 Canon G1X)

|

« 江の島に至る(23) | トップページ | 江の島に至る(25) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江の島に至る(23) | トップページ | 江の島に至る(25) »