« 武州高麗郷逍遥(1) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(2) »

2014年10月26日 (日)

日向薬師宝城坊へ(1)

B14102501

さて、再び、大山・雨降山の麓へ向かう。

秋晴れにも拘らず、今日の山頂は厚い雲が掛かり、

天候が下り坂であることを暗示していた。

B14102502

路線バスは、大山阿夫利神社の東側、尾根一つ隔てた、

谷間を登ってく。

結界を示す、沢筋に架かる幾つかの橋を超えた。

B14102503

鄙びた茶店が路線バスの終点だ。

B14102504

店の裏側には、一寸した棚田が広がる。

中世世界へ誘う、入り口に相応しい。

それはそうと、今回、当地を目指した理由とは…

(捨身 Canon G1X)

|

« 武州高麗郷逍遥(1) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武州高麗郷逍遥(1) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(2) »