« 日向薬師宝城坊へ(6) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(8) »

2014年11月 1日 (土)

日向薬師宝城坊へ(7)

B14103101

最初の登りを過ぎて、中腹の平場へ出た。

右手に石仏が祀られる。

B14103102

一見、三尊仏のようだが、中央は錫杖を持つ、地蔵の立像で、

左右は、形式が異なるが、馬頭観音だ。

いずれも新しく、明治年間の紀年銘が読み取れた。

B14103103

表参道は、この辺りで一度、右へ屈曲する。

B14103104

一寸、道を外れると、こんな山中に屋敷墓があったりする。

寺域なので、宝城坊の歴代住持の墓所だろうか。

(捨身 Canon G1X)

|

« 日向薬師宝城坊へ(6) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(8) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日向薬師宝城坊へ(6) | トップページ | 日向薬師宝城坊へ(8) »