« 古拙の微笑 | トップページ | 鎌倉大町界隈 (2) »

2014年12月 7日 (日)

鎌倉大町界隈 (1)

B14120601

よく晴れた初冬の週末、再び鎌倉に戻ってきた。
今回の探索は、中世世界の鎌倉のメインストリート、
「小町大路」が滑川を渡る「夷堂橋」(えびすどうばし)から、
始める。八幡宮より、市内を南下して来る古道は、
小町を抜け、大町へ入って往く。
つまり、町の境界地で、実にワクワクするポイントなのだ。
B14120602
橋上にて、滑川の上流方向(北)を望む。
滑川に架かる橋の中では、比較的大きいほうだろう。
擬宝珠は朱色でなく、何故かライトグリーンだった。
まぁ、いいか。
B14120603
「夷堂橋」と呼んだのは、橋の直前、ちょうど筋替えが始まる、
角の所に、「夷堂」と云う堂舎が建っていたからだ。
現在は、日蓮宗寺院、本覚寺の山門が口を開けており、
その境内に当たる。
さて、寺内を一寸覘いていこう。
(捨身 Canon G1X)

|

« 古拙の微笑 | トップページ | 鎌倉大町界隈 (2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古拙の微笑 | トップページ | 鎌倉大町界隈 (2) »