« 鎌倉大町界隈 (4) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (6) »

2014年12月11日 (木)

鎌倉大町界隈 (5)

B14121001

妙本寺は、戦前まで、代々の住職が池上本門寺と、
兼帯したと云うだけあって、日蓮宗の名刹だった。
朱塗りの立派な二天門は、往時の勢力のほどを、
偲ばせるに十分だ。
B14121002
さて、中世世界の都市的な場に集住した商人、職人たち、
あるいは、時衆、山伏、御師などの宗教者や、芸能者、
道々の輩も含めて、「町衆」(ちょうしゅ)と呼ぶことが多い。
まず、京都、奈良、博多、堺、大坂などの大都市が、
想起されるが、もとより鎌倉も、例外ではなかったはずだ。
B14121003
代表的な、京都の「町衆」と謂えば、祇園御霊会(祇園祭)の、
担い手であり、日蓮宗の信徒が多いことが知られる。
此処、大町界隈では、どうだったのだろうか。
(捨身 Canon G1X)

|

« 鎌倉大町界隈 (4) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (6) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉大町界隈 (4) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (6) »