« 鎌倉大町界隈 (7) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (9) »

2014年12月14日 (日)

鎌倉大町界隈 (8)

B14121301

一寸気分が変わった。
折角だから、「蛇苦止明神社」(じゃくし)を覘いて往こう。
妙本寺の冠木門のところまで引き返して、左の小径へ入る。
途中、想わぬ「案内者」(あないしゃ)を得た。
B14121302
石段脇の茂みから「にゃごー」と声を掛けられ、
当方の先に立って、参道を露払いしてくれたのだ。
B14121303
参道の歩き方も、端を守ると云う、作法通りで、
実に、堂に入っていた。
時折、此方を振り返って「にゃんご」と何事か呟く。
筆者も「おぅ、そうか」と答えてしまう。
そんな風にして、一緒に上って来た我々を観たのか、
先客のこの子たち、不思議そうな顔をしていたのが、
印象的だった。
B14121304
「さあ、ここが、彼の蛇苦止堂ですぞ」
B14121305
「やぁ、いい写真撮れたかね」
(捨身 Canon G1X)

|

« 鎌倉大町界隈 (7) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (9) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉大町界隈 (7) | トップページ | 鎌倉大町界隈 (9) »