« 青梅の観音へ参る(6) | トップページ | 青梅の観音へ参る(8) »

2015年1月10日 (土)

青梅の観音へ参る(7)

B15010901

塩船観音寺には、阿弥陀堂、観音堂(本堂)ときて、
薬師堂まで備わって居る。
B15010902
何か絵に描いたようと謂うか、映画のセットめいた感じの、
可愛らしい小堂である。
建立は、桃山期ではないかと云われる。
B15010903
堂内には、平安後期の薬師来立像が祀られていた。
傷み進み「古拙」だが、典型的な一木造りで、
もとは、日光・月光両菩薩が揃う三尊仏だったのだろう。
都から遠く離れた、坂東の山間、
かつての「杣保」(そまのほう)の風光も斯くやと、
語ってくれる、数少ない証言者なのであろうか。
さて、三田一族のその後と、
残った「謎」について、さらに触れねばなるまい。
(捨身 Canon G1X)

|

« 青梅の観音へ参る(6) | トップページ | 青梅の観音へ参る(8) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青梅の観音へ参る(6) | トップページ | 青梅の観音へ参る(8) »