« 青梅の観音へ参る(29) | トップページ | 青梅の観音へ参る(31) »

2015年2月 3日 (火)

青梅の観音へ参る(30)

B15020201

「森下陣屋」の「筋替」が終わった辺りで、青梅街道に戻る。
熊野社と大カシを後背から観たところだ。
「裏宿」の内を街道沿いに暫し進む。
B15020202
おっと、道の向こう側に気になるものを見つけた。
不思議な大石である。
此処は宿外れ(境界地)だから、
「賽の神」(=道祖神)の可能性があるかもしれぬ。
正面へ廻ってみよう。
B15020203
やっぱり怪しい。
少々、移動の形跡はあるものの、
最近になって、わざわざ運んできた石ではなさそうだ。
このように宿の境界地では、たとえ漬物石であっても、
路傍の石には注意を払うべきなのだ。
B15020204
一寸、寂寥感漂う街並みになったのも一興哉。
そうか、時ならぬ「怪石」のせいで、「裏宿」町名変更の一件は、
飛んでしまったので、次回へ送らせて頂こう。
ご容赦を…
(捨身 Canon G1X)

|

« 青梅の観音へ参る(29) | トップページ | 青梅の観音へ参る(31) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青梅の観音へ参る(29) | トップページ | 青梅の観音へ参る(31) »