« 足柄道を辿る(5) | トップページ | 足柄道を辿る(7) »

2015年3月20日 (金)

足柄道を辿る(6)

B15031901

「地蔵堂」は足柄道の境界地に建ち、
此処より上の峠には、集落は無い。
箱根山と同様、足柄峠も「異界」なのだ。
南北朝期の地蔵菩薩立像と厨子(室町後期)が伝世し、
堂裏の収蔵庫に納められている。
B15031902
中世の旅人も、この堂前で一息入れ、身支度を整えて、
これから踏み入る「異界」に待ち受けるであろう、
様々な危険から、守ってくれるように、祈ったのだろうか。
B15031903
傍らに道祖神が祀られていた。
武蔵には少ない「双体道祖神」である。
相模西部の文化圏の違いが窺えて興味深い。
B15031904
そのまま地蔵堂裏を進むと、足柄道が現れる。
舗装されているが、かつての古道だ。
右下を県道78号線が並走する。
登るしかあるまい。
(捨身 Canon G1X)

|

« 足柄道を辿る(5) | トップページ | 足柄道を辿る(7) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足柄道を辿る(5) | トップページ | 足柄道を辿る(7) »