« 足柄道を辿る(7) | トップページ | 足柄道を辿る(9) »

2015年3月22日 (日)

足柄道を辿る(8)

B15032101

いきなり、荒れた感じの急登だ。
馬上の旅なら、下馬して、手綱を引いて登ったのだろう。
B15032102
杉の植林の中を進む。
そうか、今時分は「最盛期」だったな。
やれやれ、帰ったら、体中を叩かねばなるまいて。
B15032103
石がごろごろした所に出た。
石敷きの名残だろうか。
踏み締められた路面で、古道らしくなってきた。
B15032104
再び、県道と合流。
高度も結構稼いだように観える。
その間、県道は何度もカーブを繰り返して登ってくる。
古道のほうが、勾配はきついけど、直登に近いから、
ショートカットなわけだ。
(捨身 Canon G1X)

|

« 足柄道を辿る(7) | トップページ | 足柄道を辿る(9) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足柄道を辿る(7) | トップページ | 足柄道を辿る(9) »