« 鎌倉の化粧坂(6) | トップページ | 五日市宿の市神石(2) »

2015年4月27日 (月)

五日市宿の市神石(1)

B15042602

あきる野市の五日市駅に降り立つのは、十数年ぶりだろうか。
あの時は、たしか桧原村の三頭山へ、ブナ林の撮影だった。
B15042604
今回は、五日市宿内に現存していると聞いた、
「市神石」を確認するためである。
現状は、街道(五日市街道、或いは桧原街道とも)が拡幅されて、
何の風情も無くなった五日市宿だけれど、
探索すれば、想わぬものが見つかるかもしれない。
B15042601
多摩川の支流、秋川渓谷の段丘に沿って、
古道が走り、宿が展開している。
青梅宿に酷似した立地だろう。
B15042603
宿の東側から足を踏み入れて、
程なく、目的の「市神石」を発見する。
歩道脇の公園の入り口に、
ちょこんと、それは鎮座していた。
(捨身 Canon G1X)

|

« 鎌倉の化粧坂(6) | トップページ | 五日市宿の市神石(2) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉の化粧坂(6) | トップページ | 五日市宿の市神石(2) »