« 足柄道を辿る(18) | トップページ | 足柄道を辿る(20) »

2015年4月 2日 (木)

足柄道を辿る(19)

B15040101

関本宿に戻ってきた。
時宗寺、龍福寺手前の「筋替え」が在ったと想われる交差点。
右側の駐車場は、近世の高札場跡だ。
B15040102
現在、高札が再現されている。
今回は、この前探索した「お君塚」の先、足柄峠方面へ、
宿が果てるまで往ってみよう。
B15040103
直ぐに「上宿の道祖神」が見つかる。
関本宿は、上、仲、下に分かれる、大きな宿だった。
其々に「道祖神」が現存しているそうだ。
B15040104
此処にも「双体道祖神」が二つある。
あとは、中世の五輪塔と宝篋印塔の残欠群だった。
(捨身 Canon G1X)

|

« 足柄道を辿る(18) | トップページ | 足柄道を辿る(20) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足柄道を辿る(18) | トップページ | 足柄道を辿る(20) »