« 鎌倉の化粧坂(2) | トップページ | 鎌倉の化粧坂(4) »

2015年4月22日 (水)

鎌倉の化粧坂(3)

B15042101

「坂の神」の裏側(山側)へ廻ってみた。
多くの人が乗ったのか、滑々に擦り減っている。
所謂「鎌倉石」(砂岩)なので、脆いのだ。
こうやって観ると、元々当所にあったのではなく、
運び込まれたような印象を受ける。
B15042102
さらに上を目指す。
この辺りが、一番傾斜がきつい。
でも、一寸の間だけである。
B15042103
登りし方を振り返る。
騎乗では、不可能とは謂わぬが、かなり難しいだろう。
降りて、手綱を取って引いたと想う。
B15042104
尾根上に辿り着く。
此処より先は「源氏山公園」から来るハイキングコースと合流して、
北鎌倉方面へ向かう尾根道となる。
(捨身 Canon G1X)

|

« 鎌倉の化粧坂(2) | トップページ | 鎌倉の化粧坂(4) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉の化粧坂(2) | トップページ | 鎌倉の化粧坂(4) »