« 五日市宿の市神石(3) | トップページ | 五日市宿の市神石(5) »

2015年4月30日 (木)

五日市宿の市神石(4)

B15042901

現在の「阿伎留神社」の参道は、東側から入り、一旦屈曲して、
本殿へ向かうルートになっている。
本殿は真南を向いているので、本来の参道は南側に、
付けられていたのだろう。つまり起点は、多摩川の支流、
秋川の河原で、川岸より真直ぐ神域へ入る形となる。
段丘上の突端に位置するから、川を上り下りする船上からも、
よく観えたはずだ。ひょっとしたら、操船の目印になる、
「船当て山」だったかもしれない。
創立年代は不明だが、「畔切」或いは「秋留」と表記され、
既に、平安前期の延喜式や三大実録にその名が記される。
天慶三年(940)奈良から京都へ分霊された藤原氏の氏神、
「大原野明神」(京春日社)を武蔵国司も兼ねた藤原秀郷が、
当地に勧請したと云う伝承があり、
爾後、中世世界では「春日明神」とも呼ばれたようだ。
いずれにしても、多摩川の水運との関りが深いと考えていい。
太古、多摩川を遡上して、最初にこの地に入植した人々が、
祀った氏神だった…そんな想定もあり得ようか。
B15042902
やはり、社叢林には、水運との関りを想起させる楠の巨樹が多い。
B15042903
「丸に三つ柏」紋を染め抜いた幔幕。
社家の紋だろうか。
一寸調べてみたら、坂東平氏、秩父氏の系統で、
豊島氏の支流、葛西一族の紋とあった。
B15042904
ちょうど氏子の方が居合わせて、収蔵庫を開けて下さり、
独特な「六角屋根」の神輿を撮影させて頂いた。
祭礼は、九月二十八~三十日で、
五日市宿内を神輿が巡行するそうだ。
(捨身 Canon G1X)

|

« 五日市宿の市神石(3) | トップページ | 五日市宿の市神石(5) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五日市宿の市神石(3) | トップページ | 五日市宿の市神石(5) »