« 五日市宿の市神石(16) | トップページ | 五日市宿の市神石(18) »

2015年5月13日 (水)

五日市宿の市神石(17)

B15051201

登り口のところに、「城山」の概念図が設置されていた。
山城の地形と配置が、大まかに掴めるようになっている。
とりあえず、頂上の本丸と稜線上の出丸を目指し、
麓の諸施設、三島社と光厳寺は、後ほど訪ねることにする。
途中、気になる遺構があれば、その都度、探索の歩を留めよう。
B15051202
本来は、尾根伝いに付けられた古道と想われる。
全行程、きつい傾斜が続くが、
整備されたのは、比較的近年だろう。
B15051203
然も古道らしく、
法面を押さえた「掘り底道」になっているが、
もとより、新しいものだ。
発掘調査などの根拠に基づいた再現ではあるまい。
こういった「主観」(否、流行りの歴史捏造か)が先走った、
施設には、全く賛成出来ない。
もし「山城ブーム」の受け狙いであれば、なおさらだな。
B15051204
鬱蒼とした植林の中を詰めて往く。
左手の斜面は「竪堀」かと想ったが、沢筋のようだ。
(捨身 Canon G1X)

|

« 五日市宿の市神石(16) | トップページ | 五日市宿の市神石(18) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五日市宿の市神石(16) | トップページ | 五日市宿の市神石(18) »