« 小野路宿にて(3) | トップページ | 小野路宿にて(5) »

2015年5月31日 (日)

小野路宿にて(4)

B15053001

「小野路宿」で交差する主な古道へ、
一寸だけ、足を踏み入れてみた。
まずは「府中道」か。
現状、車一台がやっとで、すれ違いは難しいが、
他の古道と比べれば、その差は大きい。
この先、竹林が続き、尾根道をとる。
B15053002
反対側の「八王子道」 もとより車通行不可だ。
こちらは、昔ながらの古道の風情がよく残っている。
想わず引き込まれ、もう少し進むと、
B15053003
鬱蒼とした坂道になって、やはり尾根筋を目指す。
手前に小橋が観えるが、その下は何と「鶴見川」の源流なのである。
当地では「小野路川」と呼び、宿内を流れる用水を呈して往く。
B15053004
「布田道」も、車が通行出来ないが、
若き日の近藤勇や土方歳三が歩いた道と云うことで、
全国から訪ねる人が絶えないそうだ。
いずれにしても、多摩丘陵の奥地に隠れた「小野路宿」は、
首都圏でも稀な古道の宝庫と謂っていい。
気軽な「古道探索」には好適だろう。
(捨身 Canon G1X)

|

« 小野路宿にて(3) | トップページ | 小野路宿にて(5) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小野路宿にて(3) | トップページ | 小野路宿にて(5) »