« 五日市宿の市神石(7) | トップページ | 五日市宿の市神石(9) »

2015年5月 4日 (月)

五日市宿の市神石(8)

B15050301

五日市宿を出て、東隣(秋川下流)の伊奈宿へ向かう。
ほぼ、JR五日市線の線路に沿った道筋だ。
途中に、あきる野市屈指の中世寺院、
「大悲願寺」が在ると聞いたので、寄ってみよう。
その寺は、古道、宿、河を見下す、北側の山裾に立地し、
ちょうど青梅宿の「乗願寺」と、そっくりな位置関係を呈する。
山里の風情たっぷりの集落を抜けた、先のようだ。
B15050302
おっと、坂下で、甲府盆地に多い「丸石道祖神」かと想ったら、
上部の「火輪」「風輪」「空輪」が欠けた五輪塔だった。
残った部分の形状から推して、おそらく中世後期のものか。
B15050303
五輪塔から観た秋川渓谷。
此処で、五百年観続けていたのかもしれないな。
B15050304
郷土館でもらった地図を確認したら、
「五輪坂」と呼ぶらしい。
(ごりんざか=もとより、2020年のやつとは無関係だ。念のため)
そうか、この坂を登れば「大悲願寺」へ至るわけだ。
(捨身 Canon G1X)

|

« 五日市宿の市神石(7) | トップページ | 五日市宿の市神石(9) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五日市宿の市神石(7) | トップページ | 五日市宿の市神石(9) »