« 小野路宿にて(13) | トップページ | 小野路宿にて(15) »

2015年6月10日 (水)

小野路宿にて(14)

B15060903

万松寺谷戸奥の斜面を登る。
竹林と、若干の照葉樹が混じる雑木林だ。
小野路宿の辺りが、標高70m前後と云うから、
比高50mぐらい、尾根の頂上だと120m程度か。
でも、季節が暑くなってきたので、藪や蟲が問題になる。
そろそろ「谷戸探索」は、晩秋まで、お休みだろうな。
B15060904
尾根道に出た。
こんな気持ちの良い小径が隠れていたのだ。
B15060905
やや鞍部へ下れば、作業小屋があり、
再び、登り返すと…
B15060906
「小野路城」と標す案内板が立っていた。
平安末期から、鎌倉期にかけて、
当地を領した「小山田氏」の居館跡と云う。
便宜上「城」と呼ぶにしても、
戦国期の山城とは、かなりカテゴリーが異なる。
やれやれ、同じき中世世界と雖も、
一気に八百年前へ遡ったわけだ。
(捨身 Canon G1X)

|

« 小野路宿にて(13) | トップページ | 小野路宿にて(15) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小野路宿にて(13) | トップページ | 小野路宿にて(15) »