« 小野路宿にて(20) | トップページ | 小野路宿にて(22) »

2015年6月17日 (水)

小野路宿にて(21)

B15061606

今回は番外編哉…
今夕、多摩丘陵の「某谷戸」奥で、蛍を観る。
僅か「十頭」ほどで、乱舞とは往かぬが、
居るには違いないのだ。
大きな「ゲンジボタル」である。
案内者(あないじゃ)の「蛍の翁」が語るには、
「彼らは、里と山の境目に出現する」とのことだ。
手持ち撮影なので、この程度の捨身でご容赦を…
(上掲=画面中をクリック、拡大してご覧下されば幸いです)
「小野路宿」 纏めに入ろう。
B15061605
(捨身 Canon G1X)

|

« 小野路宿にて(20) | トップページ | 小野路宿にて(22) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小野路宿にて(20) | トップページ | 小野路宿にて(22) »