« 説経節「をぐり」を読む(25) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(27) »

2015年7月31日 (金)

説教節「をぐり」を読む(26)

B15073001

漂着した照手姫を怪しみ、散々に打擲する漁師たちを、
止めたのは「漁父」(むらきみ=村君)の大夫である。
「村君」とは、古代より村の長を指し、
ここは漁村なので「漁父」を当てたのか。
漁船や漁網を所有し、多くの漁師たちを統べる。
もとより、この浦では、一目置かれる存在で、
しかも「慈悲第一」の人だった。
「姫の泣く様子を窺えば、魔縁化生の者であろうはずがない。
 何処からか継母に虐めれて、海へ流されたのだろう。
 それがしには子が無い故、末々の頼りに養子としよう。
 是非、譲ってくれまいか」
彼は姫を我が宿へ連れ帰り、老妻に引き合わせる。
「なあ、姥よ。浜よりこの子を連れてきたぞ。
 大事に養って給われ」
「大夫殿よ。欲しいのは力仕事が利く、十七、八のわっぱじゃ。
 このようなか弱い姫など、もつがうら(六浦津だろう)の商人へ、
 売り飛ばせば、銭一貫文や二貫文、容易う手に入るわ。
 それこそ、頼りになる養子と云うものよ」
さても嘯く、欲深か婆様の登場だ。
姫の運命や如何に、と来たところで、
前回気になった、沿岸の漂着物のことについて、
一寸触れてみたい。
漂着物、漂着船、その積荷を「寄りもの」「寄り船」と呼ぶ。
浜は、この世とあの世の境界であり、異界への出入り口だった。
日々寄せる来るものは、異界からの便りとも考えられ、
吉兆、或いは凶兆を示すものとされた。
原則、浜は「無主」の」「入会」で、
現地の人々が「寄りもの」を自由に出来る慣習があったようだ。
照手姫の場合は、不吉な外来者と看做されたが、
天文十二年(1543)小田原北条氏治下の小田原の浜に、
打ち上がった大亀は、吉祥として称揚されている。
寛喜三年(1231)六月、鎌倉は沿岸に漂着する船の、
積荷を現地の地頭が押領するのを禁じた。
上記の慣習を盾に取った、積荷の強奪(一種の海賊行為)
に手を焼いていたのだ。
果して、この禁令に効果があったのか判らない。
「をぐり」が語られた戦国期に至っても、
各地で根強く続いていた様子がよく判るわけだ。
(捨身 Canon S110)

|

« 説経節「をぐり」を読む(25) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(27) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、塩見さんの「中世の貧民 説教師と廻国芸人」を読んでいます。漂流物、船の積み荷については宮本常一も書いてますが、海岸住人にとって宝物で、時には座礁を誘うようなこともあったとか。宗像神社ではその漂流物を神社の修復料にあてていたほどとも。これはなかなかやめられないことであったでしょうね。

投稿: tae | 2015年7月30日 (木) 23時21分

現世と異界との境界である、浜の「寄りもの」を題材とした説話が意外と多いのに驚かされますね。継子を流すと云うのも、案外多かったではないでしょうか。運よく拾われて養子となるケースもあれば、悲惨な結末もある。浜に棲む人々=海民にとっては日常だったのかもしれません。

投稿: kansuke | 2015年7月31日 (金) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 説経節「をぐり」を読む(25) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(27) »