« 伊豆の国にて(9) | トップページ | 伊豆の国にて(11) »

2015年8月25日 (火)

伊豆の国にて(10)

B15082401

現在の韮山城登り口だ。
三の丸と「権現曲輪」の間の「堀切り」(上掲右手)に沿って、
小径が付けられている。
本来の大手口は、三の丸跡の先、
尾根の北端に在ったらしく、字名も残る。
B15082402
来たりし方を振り返ったところ。
「城池」の対岸、住宅が建ち並んでいる辺りを通ってきたわけだ。
背後は江川家住宅(上掲左手)から続く尾根で、
韮山城外郭の砦が、連なるように幾つも築かれたようだ。
B15082403
案内板に、江川家伝来の、
寛政五年の「韮山城古図」が掲げらていた。
現在地がよく判るだろう。
右側に「城池」とおぼしき「沼」が認められ、
山城の尾根を水濠が廻っているのが観て取れる。
外側に「田」或いは「昔ハ深田ナルベシ」と注記されており、
さらに「外堀」が広がっていた可能性が高い。
想像以上の一大要塞だったのだ。
B15082404
さて、山城へ足を踏み入れてみようか。
(捨身 Canon EOS M3)

|

« 伊豆の国にて(9) | トップページ | 伊豆の国にて(11) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆の国にて(9) | トップページ | 伊豆の国にて(11) »