« 伊豆の国にて(8) | トップページ | 伊豆の国にて(10) »

2015年8月24日 (月)

伊豆の国にて(9)

B15082301

一寸閑話休題…
江川家住宅を出て、もと来た道を、
途中の風情を愉しみながら、韮山城址まで戻る。
まずは、酷暑の中の白百合か。
B15082302
当地の水田にはアオサギが多い。
身体の色が濃いから、若鳥だろう。
レンズを向けると、一瞬、こちらをキッと睨んだ。
気が強そうなヤツだけれど、カメラ目線だったな。
B15082303
「城池」の堤防を横切る。
この溜池は、江川家に伝わる、寛政五年(1793)に描かれた、
「韮山城古図」では確認出来るが、戦国期の様子は不明だ。
だが、発掘調査で、山城の東西北三方(南側は尾根)を、
広大な水濠が廻っていたことが判っている。
かつては、さながら水に浮かぶような姿であったわけだ。
B15082304
五百年もの年月を、忘却させる長閑さ哉…
(捨身 Canon EOS M3)

|

« 伊豆の国にて(8) | トップページ | 伊豆の国にて(10) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆の国にて(8) | トップページ | 伊豆の国にて(10) »