« 伊豆の国にて(23) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(2) »

2015年9月20日 (日)

鎌倉 二つの谷戸へ(1)

B15091901

四月下旬に化粧坂を探索して以来、再び鎌倉に戻ってきた。
半年も経っていないが、風景は一変している。
まず、段葛が工事中なのだ。
B15091902
通りの彼方此方で、建て替えにともなう発掘調査も。
もとより鎌倉では、全てが土の中だ。
B15091903
鶴岡八幡宮社頭を右手に折れ、六浦道へ。
路地裏に楠の古木が二本、社域の南東の隅を護る小祠か。
ちょうど対角線上の北西の隅(本殿西側脇)にも、
丸山稲荷社が鎮座するから、対応する守り神だろう。
おそらく、八幡宮寺の「四至」全てに在ったと想う。
B15091904
彼岸花の出迎えを受けながら、歩を進めるとしよう。
(捨身 Canon EOS M3)

|

« 伊豆の国にて(23) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆の国にて(23) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(2) »