« 鎌倉 二つの谷戸へ(1) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(3) »

2015年9月21日 (月)

鎌倉 二つの谷戸へ(2)

B15092001

朝比奈峠を探索している。西側は杉本寺までだったが、
今回は,、その一寸手前の二つの谷戸に絞った。
まず、上図中央やや下「永福寺跡」(二階堂)
そして、六浦道を挟んで南側、下図左上の「勝長寿院跡」だ。
B15092002
もとより両寺とも、頼朝が建立した、中世世界の鎌倉を代表する、
巨大寺院である。詳細は後ほど触れるとして、
この八月に探索した、伊豆韮山・守山の北条時政が建てた、
「願成就院」のモデルになったと考えていい。
B15092003
さて、出発点を六浦道の「岐れ路」(わかれみち)の表示がある、
信号付近と決める。左手へ入る道(上掲)が観えるが、
荏柄天神社と覚園寺、鎌倉宮へ至る参道で、
これを指すわけではないようだ。
B15092004
観落としてしまそうだが、六浦道は、信号の一寸先で、
僅かにクランク、否「筋替え」の痕跡を残す。
本当の「岐れ路」を捜す、重要なヒントになるはずだ。
(捨身 Canon EOS M3)

|

« 鎌倉 二つの谷戸へ(1) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(3) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉 二つの谷戸へ(1) | トップページ | 鎌倉 二つの谷戸へ(3) »