« 伊豆の国にて…つけたりとして(13) | トップページ | 伊豆の国にて…つけたりとして(15) »

2015年10月26日 (月)

伊豆の国にて…つけたりとして(14)

B15102501

躍動感溢れる「鈴の段」
鈴の音が響き渡る。
B15102502
既に演じ終えた「翁大夫」「千代」は、
もとの位置に着座して控える。
B15102503
種蒔きや、田植えの所作が、
それと判るように、取り入れられていると云う。
B15102504
少年の小さな身体が、不思議に大きく観える。
立派に舞い納めた(拍手!)
(捨身 Canon EOS M3)

|

« 伊豆の国にて…つけたりとして(13) | トップページ | 伊豆の国にて…つけたりとして(15) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

見事ですね。振り子さんのツイートにあるように神仏へ帰依する者たち、生身の少年たちではない者というのがよくわかります。私からも拍手です。

投稿: tae | 2015年10月25日 (日) 23時51分

やはり、ライヴにまさるものはありませんね。
中世世界の芸能と少年(童子)まさに仏神に近い存在だったことが、まざまざと実感出来ました。
なんだか、病み付きになりそうです。

投稿: kansuke | 2015年10月26日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆の国にて…つけたりとして(13) | トップページ | 伊豆の国にて…つけたりとして(15) »