« 説経節「をぐり」を読む(47) | トップページ | 神田万世橋界隈(1) »

2015年12月31日 (木)

説経節「をぐり」を読む(48)

B15122601

常陸国に戻った小栗、二代にわたる長者として、栄華を極めたが、

「生者必滅の習い」は逃れ難く、ついに八十三歳で大往生を遂げる。

B15122602

もとより「大剛」の小栗であるから、

如来、菩薩、諸天、明王を問わず、八百万の神々に至るまで、

その臨終に来迎したのであった。

岩佐又兵衛の絵巻では、その様子を、些かユーモラスだが、

ここぞと力を込めて描いている。

B15122603

後に人々は、あれほどの「弓取り」(武者)小栗を、

神へ祀り上げないわけにはいかなかった。

美濃国安八郡墨俣の正八幡(墨俣八幡社)である。

B15122604

照手も「十八町下」(約二キロ)離れた処に、

「契り結ぶ」(結社=むすぶ)神として祀られた。

上掲の如く、往時はかなりの賑わいを観せたようだが、

両社とも、小社ながら現存するとのことだ。

さて、これにて説経節「をぐり」読み切りとなる。

「所も繁盛、御代もめでたう、国も豊かにめでたかりけり」

………………………………………………………………………

13年一月八日の初回以来、計48回の長きに亘って、

お付き合い下さり、有難うございました。

年末年始、暫時休息を頂きます。ご容赦を…

(この間はツイッターにて)

|

« 説経節「をぐり」を読む(47) | トップページ | 神田万世橋界隈(1) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 説経節「をぐり」を読む(47) | トップページ | 神田万世橋界隈(1) »