« 秩父夜祭・宵宮の日にて(2) | トップページ | 秩父夜祭・宵宮の日にて(4) »

2016年12月14日 (水)

秩父夜祭・宵宮の日にて(3)

B16120210

「神代神楽」が始まった。
「第五座 岩窟之御前四方堅」(いわやのみまえしほうがため)
秩父神社の主祭神である「八意思兼命」(ヤゴゴロオモイカネ)
天岩戸に隠れた天照大御神を誘い出そうと、
いろいろと知恵を廻らすが、
まずは、岩戸の前で四方を祓い「四方堅」(しほうがため)を行う。
B16120217
この神の十世後の子孫が、
古代秩父の初代国造「知知夫彦命」(ちちぶひこ)と云う。
秩父神社は抑々、秩父国造家の祖霊を祀る、
「氏神」だったわけだ。
或いは、中世世界の秩父に蟠踞した坂東平氏の有力氏族、
秩父氏も、何処かで秩父国造家との、
姻戚関係が生じたのかもしれず、
(そういった例は、古代坂東では、彼方此方で観られる)
その縁なのか、坂東平氏の諸氏が祀ることの多い、
「妙見菩薩」を祭神に加えて、
同様に「氏神」と看做して崇敬していたようだ。
以降、当社は「妙見菩薩」の化現である、
「北辰(北極星)信仰」の庭としての性格を強めて往く。
夜祭の原点も、その辺りにあるらしい。
中世後期から近世に至って、夜祭は「妙見宮の祭り」とも呼ばれ、
大きな市庭が立ち、関東一円の商人を、
(多くは各地の連尺衆を出自とする行商人たちだろう)
集めるようになった。
B16120215
舞台は「第六座 湯笹の清め」に移り、一転華やぐ。
八意思兼命の指図によって「湯笹」(湯立ち)を持って、
岩戸の前を清める「天鈿女命」(アメノウズメ)の登場だ。
B16120219
典型的な「湯立ち神楽」の一つだろう。
(捨身 EOS M3)

|

« 秩父夜祭・宵宮の日にて(2) | トップページ | 秩父夜祭・宵宮の日にて(4) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父夜祭・宵宮の日にて(2) | トップページ | 秩父夜祭・宵宮の日にて(4) »